デリヘルの送迎でホテル・自宅に到着した後は何してる?

目的地に到着したあとは…

ホテルの外観

デリヘルドライバーの目的地であるお客の自宅・ホテルについたら何をするのか。
店舗や状況によって様々ですが、ドライバーの行動パターンを紹介します。

待機する

一番楽な状態。
店舗からの連絡さえ受けれる状態ならば基本的に行動は自由です。
車内で仮眠を取るも良し、空腹を満たすために食事を取るのも良しです。
※仮眠はアラーム等で起きれる人だけにしましょう。寝過ごしたら大変です。

待機後にデリヘル嬢を再度送っていく場合はサービスが終わる時間はしっかり把握しておきましょう。
周辺に移動していてデリヘル嬢を待たせることになった、なんてことの無い様に。
デリヘル嬢の機嫌を損ねて得をすることはありません。

送迎先の周辺に車を駐車できない場合があります。
その際はコンビニなどに移動しましょう。
運転好きな方なら近場をぐるぐると周回するのもありです。
その場合はガソリン代が余計にかかるので注意。

嬢のサービス前に部屋チェック

店舗によってはデリヘルドライバーが事前にお客の元へ行き、部屋の状態を確かめる場合があります。
チェック事項は
・客以外の人がいないか(3Pコースなどは当然OK)
・部屋が清潔かどうか
・シャワーなどの設備が整っているか

などです。

特に1つ目のチェックは重要。
まれに、料金を節約したいのか無理やりサービスさせるためか他の人間を部屋に呼ぶお客がいます。
デリヘル嬢の安全は店にとって最重要ですから漏れなくチェックしておきましょう。
2、3つ目は最悪の場合、サービスの中止もありえる要件です。

料金の受け取り

別のページでも書きましたがドライバーが料金の徴収を行う場合があります。
多くの場合は上記の部屋チェックで問題なかった後に受け取ります。
その後は嬢を呼んで部屋に入れます。
売上金は事務所に戻ったタイミングで責任者に渡します。
忙しい時は就業後になります。

業務日報を書く

デリヘルドライバーなんていい加減な仕事、と思っているかもしれませんがやはり仕事は仕事。
自分の業務に関する報告は多くの場合で義務付けられています。
基本的には各送迎のたびに記載するのですが、面倒がってためておくと後で大変です。
いい加減な記載が多いと最悪の場合クビになる可能性もあります。

別の送迎業務に就く

繁盛しているデリヘルでは嬢のサービス終了を待っていられないほどに次の送迎業務がやってきます。
そのまま事務所や嬢の待機所に向かい、再度お客の元へ車を走らせます。
送迎回数によって給料が変動する場合はやりがいがありますが、時給・日給の場合はぶっちゃけ待機していたほうが楽に稼げます(笑)。
給料は安定しますが、忙しすぎる店舗も場合によっては考えものかもしれません。

男性向けの高収入求人はこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする