デリヘルドライバーは送迎の仕事がないときは何してる?

空いた時間はどうなる?

自動車の助手席に座る外国人女性

店舗の規模やスタッフの人数によりますが、時として送迎の仕事がストップすることもあります。
デリヘル嬢が絶賛ご奉仕中の場合も同様です。
こうった空いた時間にはどのような過し方をするのでしょう。

車内待機が基本

お客が少ないときやデリヘル嬢がサービス中にはドライバーは基本的に車内で待機します。
多少の移動や外に出ることはOKですが、業務連絡などをしっかり受けれるようにしておく必要があります。

待機中の行動は自由

待機中にずっと正座して待っておく必要はありません(笑)
連絡が取れて、すぐに車を移動できるような状態であれば何をしても基本自由です。
自由とは言え、仕事中なので節度のある行動を心掛けましょう。

スマホで暇つぶし

今はスマホがあればいくらでも時間を潰せます。
誰かとLINEをしたり、ゲーム、ネット、何でもOK。
これが現代のデリヘルドライバーの暇つぶし方法の第1位でしょう。
GPSと連動した某ゲームをする際、熱中する余り持ち場を離れないよう気をつけましょう。

食事を取る

フルタイムで働いているデリヘルドライバーでない限り、明確な食事休憩の時間はほとんどありません。
そのため、送迎の仕事がない「待機時」に済ませす。
飲食店に入るのも良いですが、急な呼び出しがあるのでコンビニ等を利用するのが無難です。

寝る

特に副業等で働いている人には貴重な休憩時間。
車内で仮眠を取るのも有意義な過し方。
とは言え、熟睡してしまうと仕事を放棄していることになるので面倒ごとになりますのでご注意を。

あまりにも暇な場合は…

暇でもドライバー側は給料が発生するので良いのですが、経営者側からすれば無駄な出費です。
そのため、集客の見込みが薄い日は早上がりを指示されることもあります。
1日くらいならば問題ないでしょうが、続くようだと効率よくお金を稼ぐことができなくなるので別の店に移籍することを考えておきましょう。
もちろん、店側が先に人員整理を行う可能性もあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする