デリヘルドライバーはお金の管理もする?

デリヘルでのお金の管理は2パターン

お金の管理

デリヘルはお客さんからお金をもらって性的サービスを行うお店。
そのお金の管理を誰が行うのかは店舗によって様々です。
よくあるパターン2つを解説します。

デリヘル嬢が管理する

直接お客さんとやり取りをするデリヘル嬢がお金も管理するパターンです。
お客さんの元へ到着し、サービス開始前に前払いで料金を受け取ります。
サービス終了後もそのままお金は持ったままで、事務所に戻ったタイミングで責任者に渡します。

この方法は、防犯上問題が多いので取り入れていない店舗が多いです。
詳細は後述します。

ドライバーが管理する

お客さんからデリヘル嬢がお金を受け取る流れまでは基本同じです。
※徹底している店舗では最初のお金の受け取りの時点でドライバーが行うこともあります。
サービス終了後に車に戻った段階でドライバーはデリヘル嬢からお金を受け取ります。

ドライバーはその日の業務が終わったら事務所に向かい、責任者にお金を渡します。
現在はこの方法が主流となっています。
送迎業務がなく、待機時間が長くなりそうな場合は途中でも一旦事務所に戻ってお金を渡す場合もあります。

仕事のない時にはドライバーは待機していますが、お金を預かっている場合は車から離れないようにしましょう。
車上荒らしでお金を盗まれる危険性があります。

ドライバーが管理するメリット

前述のドライバーがお金を管理する方法が主流になるのはメリットがあるためです。

1、デリヘル嬢の防犯
デリヘル嬢は最前線でお客さんと接する立場にあります。
そのデリヘル嬢が大金を持ち歩くのはとても危険です。
下手すると最終出勤のタイミングを見計らって呼び、その日の売上金全部を盗まれる可能性もあります。
デリヘル関連でお金を盗むのはデリヘル嬢のイメージがあるかもしれませんが(お客さんの金を盗む)、お客さん側にも邪な考えを持つ人がいるのです。

2、デリヘル嬢の窃盗を防ぐ
先ほどはデリヘル嬢を守る意味合いで、と解説しましたが、デリヘル嬢も人の子。
元々お金を稼ぐために風俗業界に踏み込んだわけですから目の前に大金があった場合に出来心が働いてもおかしくはありません。
デリヘル嬢にしてみれば、自分が大変な仕事をして稼いだお金と言う意識があるのかもしれませんが金銭感覚がズレている人もいるので予防措置を取るに越したことはありません。

日払い可能な送迎ドライバー求人をチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする