女性向け性感マッサージ師の仕事とは

世の中の女性の心と体を癒す

女性向けマッサージ

世の女性達は男性達が想像する以上にストレスを抱えています。
社会に出て仕事をこなす女性も、家庭を守り子育てをする女性も同様です。
また、特定のパートナーがいない女性、そして特定のパートナーがいてもその性生活に満足できない女性もたくさんいるのです。
そういった女性を癒すのが女性向け性感マッサージ師の仕事なのです。

マッサージ師の資格は?

国家資格として「あんまマッサージ指圧師」がありますが、これがなくても問題ありません。
当然あればそれだけ公に行える施術の内容が増えるのでオススメですし、お客さんからしても安心感が違います。
実際お店の開業している人の中には「友人にマッサージしたら上手いと褒められた」という自己流レベルの人もいるので問題ないといえば問題ないです。
ただし、お店の宣伝などで効果・効能的な記述や医療的記述などは出来ませんし、しないほうが良いです。
誤解を避けたいのであればマッサージという文言も使わず「エステ」「ヒーリング」などの方が良いかも知れましょう。

性的サービスはどこまで?

性感マッサージというくらいですから性的な施術を行います。
そしてそれはどこまで、とい言われれば「手での施術」まで。
当然「挿入」は不可、やってはいけません。
HPなどで暗にそういったサービスを行っていることをアピールする店もありますが危険ですのでやめておきましょう。
また、性的サービスをするので風俗店としての営業届出を出しておいたほうが良いです。
これは男性が通常利用するデリバリーヘルスと同様のものです。
自分で調べて作成するか、業者に依頼して作成してもらいましょう。

【PR】
東京都内の風俗マッサージ店スタッフ募集!!

料金の相場は?

料金はどう設定すべきか?
一番の悩みどころでしょう。
一般的な女性向けの性感マッサージ店の場合、男性向けに比べて料金が安いのが特徴です。
2時間で1万円以下という店の少なくありません。
その代わり、利用するホテル代やそこまでの交通費はお客負担にすることが多いです。
だいたい自分1人で営業しているケースが多いので上の場合だと時給が5,000円の計算になります。
利益を上げたいならばライバル店舗の相場を鑑みて設定し、お金とは別のところでメリットを得たいのであれば施術料金自体を無料にする方法もあります。

どんなお客がくる?

女性にエロいマッサージ施術を行うわけですから望むのは美女、でしょうが現実はそう甘くはありません。
そもそも特定のパートナーがいない女性や、夫との性交渉がなくなった女性の割合が多いので一癖も二癖もある方を想定しておきましょう。
そこを割り切って仕事としてこなせるかどうかがこの仕事で食っていくポイントになります。
あくまで趣味・お金以外の部分でいい想いをしたいのであれば最初から年齢・体重などお客側に制限を設けておくと良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする