役得?それとも生殺し?風俗嬢の講習に付き合う男性スタッフ

男性スタッフよ、私利私欲に走ることなかれ…

悩む男性

風俗店に務めるスタッフが遭遇するアダルト体験。
その1つが風俗嬢の講習。
嬉しさと苦しさの両面がある講習の実態に迫りましょう。

風俗店の講習とは?

風俗店で働く女性に技術指導をすることを講習と呼びます。
大きく分けて口頭・実技の2種類があります。
単に講習とだけ言う場合は後者の実技講習のことを指すのが一般的です。

講習を行うタイミングは対象となる風俗嬢の入店が決まった後~実際の接客を行う前です。
接客をし始めた後でも、上手に接客できない女性に対して2度・3度と行うこともあります。

実技指導の相手役を務めるのは基本的に店舗の男性スタッフです。
仕事とは言え、少々気持ちの良いことが出来るのが唯一無二のメリットです。

そもそも講習は必要か?

近年の風俗業界で特に女性求人に関する話題として講習の是非が取り上げられることが増えました。
一昔前までは当たり前のように行われていたことですが、嫌がる女性が増えましたし、自己の性欲を満たすためだけに講習を無理強いする男性スタッフがいたからです。

時代の変化はありますが、店舗スタッフの立場から考えると講習は必要です。
それは自分が気持ちよくなれるからではありません。
勤務する女性(風俗嬢)の技術レベル・接客レベルの確認と向上には講習が一番手っ取り早いからです。
風俗店の場合は実際の接客風景を客観的にチェックすることはできません。
風俗嬢も重要ですが、お客さんも重要。なにか粗相があってからでは遅いのです。
やっていることは全然違いますが、コンビニのバイトスタッフだって最初は同僚相手に接客のシミュレーションをやっていますよね、あれと基本は同じです。

また、講習でのテクニックの向上は風俗嬢自身の売上アップに繋がりますし、ひいては店舗の売上アップに繋がります。
高い売上を得られる風俗嬢は辞める可能性が低くなるので人材不足に悩むこともなくなります。
いいことずくめです。
最終的には男性スタッフ自身の給料面でも確実に恩恵があります。
邪な気持ちよりも自らの収入アップに繋げる気持ちで取り組んだほうが後々のメリットは大きいでしょう。

別の側面から講習の有用性を語るならそれは応募してきた女性の覚悟を確認できること。
特に未経験者に対してですが、講習の時点でサービスに強い拒否感がある女性を振るいにかけることが出来ます。
実際の接客でボロを出してしまってお客から店に不満・クレームが来ることを未然に防げます。
このような将来起こりうるトラブルを回避する意味でも講習を行うことに意味はあります。

楽しいばかりではない実技講習

実技講習はタダで気持ちよくなれる、とは書きましたがそうとばかりも言っていられない面があります。
店舗によってルールが若干異なるのですが、実技講習時の射精をペナルティとすることが多いです。
ペナルティの中でもっとも重いのがクビ。
一部の大手グループではそう対応しているようです。
詳しい理由は定かではありませんが、個人の快楽目的の講習を減らすためでしょうね。
クビは重過ぎるにしても、射精したら1回分のサービス料を自腹で相手に支払う、などのルールもあります。
気持ちいいのに射精は出来ないという、まさに生殺し状態
自分で処理するのは問題ないのでフィニッシュする前に切り上げてトイレで処理するスタッフも多いようです(笑)

女性スタッフが担当することもある

実技講習は男性スタッフの出番ばかりではありません。
最近では歴戦の勇士たるベテラン風俗嬢の力を借りることが増えています。
今まで数千本のチ○コをイかせてきた彼女たちのテクニックはぜひとも後世に残して活用したいものですから。

現役の風俗嬢に依頼する場合、通常のプレイ時の報酬と同額を支払うことになります。
なぜなら、風俗嬢は決してタダ働きをしないものですから。
店舗によっては現役を退いた元風俗嬢を技術指導スタッフとして雇用している場合があります。

時代と共に変わる講習方法

上記の女性スタッフによる講習もそうですが、時代とともに講習の方法は変わっています。
一昔前は男性スタッフが相手となる講習が一般的な上に、ルールを設けない店舗が多く、私利私欲・自己の性欲を満足させるためだけに講習をすることが頻繁に行われてきました。
※最初から雇用する気もないのに面接時に講習を強要する人もいた…

なかなか表に出てこなかった女性たちの声は、今ではネットの力で簡単に伝えること出来ます。
求人情報を探す際に口コミや評判を重視して風俗店を探す女性は多いです。

そんな時代ですから店側・男性スタッフ側は考えを改め、新しい対応を考えなくてはならなくなりました。
講習は希望者のみ、実技はなしで口頭やDVDでの解説だけ、などがそれです。
今後、技術の進歩が続けばVRなどのヴァーチャル技術を使ったシステムが考案されるかもしれませんね。

風俗店を支える店舗スタッフを目指そう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする