キャバクラのボーイを「お試し」で働けることを知ってましたか?

ナイトワークの人気の仕事を気軽に体験

笑顔の男性

ナイトワーク業界で働くのをためらう理由として多いのは「怖い・不安」だから。
確かに暗いイメージがありますが全ての店がそうだとは限りません。
実際に体験しないとわからないことがたくさんあります。
百聞は一見にしかず。
便利な求人システムを利用して業界の真の姿を覗き見してみましょう。

体験入社システムとは

読んで字の如く、入社して働くことを体験します。
どんな仕事をするのか、どんな人たちと一緒に働くのか不安な人にはうってつけのシステムです。
最初に期間を決めて、最終日にその後も続けるかどうかの意思を確認するのが基本です。
自分には合わない(仕事内容・店の雰囲気)と感じたら断ることができますので気軽に利用できます。

体験入社を実施している店舗は?

風俗・ナイトワーク業界には数多くの業種が存在しますが、体験入社のシステムを導入しているのはキャバクラがほとんどです。
その理由は様々ありますが、すぐにできる仕事が多いことが挙げられるでしょう。
お客さんをテーブルに案内する、注文を聞く、飲み物を運ぶ、などは一般的な飲食店の店員の仕事に近いです。
最初にある程度の説明を受けていればそれなりに働けます。

風俗店の場合は電話受付やPC操作など、やや任せにくい業務が比較的多いために体験入社のシステムはまだ浸透していません。
小規模店に関しては実際に入店が確定していないスタッフ予備軍にそれほど手間を割けないという事情もあります。
逆に大手の場合は専任の教育担当スタッフがいることもあるので一部の店舗では体験入社を実施しています。

体験時の給料・待遇は?

体験させてあげるのだから給料は出ません、なんてことはありません。
働いた分の給料を受け取ることはできますのでご安心を。
但し、正規のスタッフに比べると給料は低くなる可能性があります。
また、待遇面でも適用されないものがあったり、条件が異なったりします。
不満はあるでしょうが、ある意味で研修生状態ですので諦めましょう。
当然正規スタッフになれば扱いは変わってきます。

体験入社の期間は?

似たシステムを持つホストクラブだと最短で3時間ほどです。
キャバクラのボーイの場合はそこまで短時間で終わるケースはまずありません。
少なくとも1週間くらはみておきましょう。
短めの試用期間、と考えるとわかりやすいかも知れませんね。
店舗によって期間が大きく異なりますので問合せ時に確認することをお勧めします。

体験入社を終えたら

先にも触れましたが、継続して就業するかどうか決めましょう。
店舗側はすぐにでも働いて欲しいのでその旨を伝えてくるでしょうがあなたの自由意志で決めてください。
体験入社は1店舗しかできないわけではないので、もっと自分に合う、もっと給料・待遇の良いキャバクラを探したいのであれば別のお店で再度体験入社して比べてみましょう。
自分にとって一番働きやすい環境の店舗を見つけるため、この制度を有効利用しましょう。

キャバクラでボーイの仕事を体験してみましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする