未経験でキャバクラボーイの仕事をするなら、まず「体験」を

ナイトワークで人気の仕事を気軽に体験

笑顔の男性

男性向けのナイトワークで1,2を争う人気の仕事、それが「キャバクラのボーイ」。
テレビドラマ等でたびたび題材に取り上げられて、その華やかで刺激的な職場に興味を持つ人が多いのです。
但し、いざ自分が実際に働くとなると様々な不安が沸いてきます。
そこで活用したいのが「体験入店(入社)システム」
一般の求人ではなかなか見かけない、この独自のシステムを解説しましょう。

求人情報でわかること、わからないこと

キャバクラを含めたナイトワーク・水商売業界も今や求人広告を出すのが一般的です。
簡単に求人情報へのアクセスが可能で、給与や待遇、就業時間など基本的な内容はそこでわかります。

給料と問合せ先がわかったからすぐに応募、でも良いのですが、ナイトワーク業界の仕事をそんなに簡単に決めて大丈夫ですか?
先輩・同僚のスタッフはどんな人たちがいるのか。
実際にどんなことをするのか。

知りたくはないですか?
そんなときこそ「体験」してみましょう。

体験入店(入社)システムとは

求人情報だけでは伝えきれない職場の情報や仕事内容を実際の店舗で体験できます。
就業するかどうかの最終的な判断の参考にしてもらうのです。

基本的に入店希望者を対象としているので料金等は必要ありません。
誰でも気軽に利用できます。
但し、当日いきなり申し込んでも店側の受け入れ態勢が整っていない場合がありますので事前に連絡しておいたほうが良いです。

※入店・入社の言葉の違いは特にありません。
あるとすれば、前者は女性(キャバ嬢)にも使われる言葉で、後者は特に男性スタッフに対してのみ使われます。

体験入店(入社)の流れ

最初に店内で面談・面接を行います。
求人内容について不明な点などがあれば、ここで確認しましょう。
あとから「聞いてない」なんてことがないように。

続いて仕事内容についての説明・レクチャーに移ります。
立ち振る舞いから給仕の基本的な動作にお酒の作り方など。
体験中に難しい作業をやらせることは基本的にないので不安に思う必要はありません。

体験入店(入社)の期間は?

似たシステムを持つホストクラブだと最短で3時間ほどです。
しかし、キャバクラのボーイの場合はそこまで短時間で終わることはまずありません。
少なくとも数日、約1週間くらい想定しておきましょう。
短めの試用期間、と考えるとわかりやすいかも知れませんね。
店舗によって期間が大きく異なりますので問合せ時に確認することをお勧めします。

体験時の給料・待遇は?

体験させてあげるのだから給料は出ません、なんてことはありません。
働いた分の給料を受け取ることはできますのでご安心を。
但し、正規のスタッフに比べると給料は低くなります
残念ですが、こればかりは仕方ありませんね。

また、待遇面でも適用されないものがあったり、条件が異なったりします。
不満はあるでしょうが、前述のように試用期間状態だと思って納得しましょう。
当然正規スタッフになれば扱いは変わってきます。

体験入店(入社)を終えたら

最終的に就業の意思があるかどうか尋ねられられます
店舗側はすぐにでも働いて欲しいのでその旨を伝えてくるでしょうがあなたの自由意志で決めてください。
体験は1店舗しかできないわけではないので、もっと自分に合う、もっと給料・待遇の良いキャバクラを探したいのであれば別のお店に行って比べてみるのも良いでしょう。
自分にとって一番働きやすい環境の店舗を見つけるため、この制度を有効利用しましょう。

体験入店(入社)を実施している業界は?

風俗・ナイトワーク業界には数多くの業種が存在しますが、体験入店(入社)のシステムを導入しているのはキャバクラがほとんどです。

理由は様々ありますが、すぐにできる仕事が多いことが挙げられるでしょう。
お客さんをテーブルに案内する、注文を聞く、飲み物を運ぶ、などは一般的な飲食店の店員の仕事に近いです。
最初にちゃんと説明を受けていれば未経験でも対応はしやすいです。

風俗店の場合は電話受付やPC操作など、やや任せにくい業務が比較的多いために体験のシステムはまだそれほど浸透していません。
特に小規模店は実際に入店が確定していないスタッフ予備軍に手間を割けないという事情もあります。
逆に大手の場合は専任の教育担当スタッフがいることもあるので一部の店舗では体験を実施しています。

キャバクラでボーイの仕事を体験してみましょう