風俗店のwebスタッフの仕事とは

風俗業界もIT化

webスタッフ

風俗業界で働く男性スタッフの仕事の中で日増しに重要性が高まっているのがwebスタッフ。
スキルが必須なためハードルは高いですが早い段階で高給取りになることも可能です。
以下にまとめてみました。

風俗情報は紙からwebへ

情報のやり取りのほとんどがネット・webに移行している現在。
風俗業界もこの流れに沿わないわけにはいきません。
十数年前には電話帳ほどの分厚さの風俗情報雑誌は次第に薄くなり、関連の雑誌も激減。
情報媒体の力は確実に下がりました。
※現在はほぼ廃刊・休刊しています。

紙媒体に取って代わったのがwebサイト。
どこでも簡単に情報を見られて素早く更新も可能。
あっという間に風俗業界でもスタンダードの地位を確立。
今ではwebサイトを持たない店の方が少なくなりました。

webスタッフの重要性

風俗情報サイトがその影響力を増していく中、各店舗も自前のサイトを作成することが増えました。
掲載料を必要とせず、情報サイトの意向に縛られずに好きなだけ宣伝が出来ます。
しかし、肝心のスキルを持った人がなかなか風俗業界にはいませんでした。
中にはPCすらまともに使えない人も多かったため、サイトの管理を別会社に任せるのが主流でしたが経費節減などの観点から専門のスタッフを雇用しようとする動きが活発になってきました。
今では情報サイトをしのぐ自前のサイトを作成する店舗も出てきています。

求められるスキルは様々

受付などの仕事と違って、webスタッフの仕事に必要なスキルは様々です。
店舗側がどこまでを求めているかも重要な点です。

1番簡易的なスキルは「データ登録」でしょう。
決まったフォーマットに文字データを入力、画像データを登録します。
風俗店であれば女の子のプロフィールデータやお店からの告知・更新情報など。
PCを使ってネット閲覧ができるレベルの人であれば問題なく働けます。

少し難しくなると「画像加工」などがあります。
顔出しできない女の子の顔にモザイクをかける。
お客にしたらしてほしくないでしょうが、肌の質感を良くしたり体型をちょっとスリムにしたり。
店舗によってはこの作業だけを行うスタッフが存在することもあります。

更に上位スキルを持っている人ならば「サイト作成」「プログラム作成」などチャレンジしてみましょう。
1からサイトを作成、もしくは既存のサイトに新たな機能を付け加える仕事。
デザインなども一人でできるなら評価は上がるでしょう。

現在特に注目されているスキルは「SEO
極簡単に言えば「検索上位に自分のサイトを表示するように調整する」仕事です。
専門の業者が相当数ありますが、料金が高くしかも信用できる会社はそれほど多くありません。
自社でまかなえれば相当経費の節減になり、しかもかなり重宝される存在になります。
SEO会社での仕事の経験があるなら転職先として風俗店を視野に入れることもありでしょう。

給料は月給が基本、その額は?

地域によって増減がありますが、月給で大よそ25万円前後です。
但し、他の風俗店スタッフと比べて査定に影響するスキルが分かりやすいので+αは付きやすいです。
webデザイン、プログラム、SEOあたりに強ければ10万~15万くらいの上乗せは可能でしょう。
こういった人材がなかなか風俗業界に流れてこないので重宝されるのです。

webスタッフの仕事を探そう

仕事内容や待遇についての説明は以上です。
もし、興味を持ったのならば実際の求人情報を見てみましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする