デリヘル送迎の仕事中、食事やトイレはどうする?

生理現象に食欲、ドライバーはどう対処する?

男女のシンボルマーク

ドライバーも人の子。
送迎中であろうが、待機中であろうが食欲はわきますし、トイレにも行きたくなります。
仕事を始めたら必ず遭遇する欲求と生理現象についてポイントをまとめています。
頭の片隅に入れておいて、不測の事態に備えましょう。

デリヘルドライバーのトイレ事情

ドライバーの場合はトイレに行きたいタイミングですぐに行けるとは限りません。
特に送迎中はよほどの事情がない限り運転を止められません。
以下の点に注意しておくと不測の事態は避けやすいです。

仕事前にトイレに行っておく

したい気分でなくてもとりあえずトイレに入って便座に座ってみましょう。
量はわずかでも案外出たりするものです。
事前に少しでも済ませておけばトラブルは起きにくくなります。

水分摂取を控える

おしっこ対策にはかなり有用です。
最初のうちは緊張して喉が渇くかも知れませんが慣れればそんなこともありません。
全く飲まないと季節によっては熱中症等にもなりますので適度は補給は行いましょう。

主要送迎ルートでトイレの場所を覚えておく

いざと言うときになってからトイレを探すのは大変です。
時間のロスも大きいですし、間に合わずに大惨事になる可能性もあります。
都市部ならコンビニ等が定期的にあるでしょうからメモっておきましょう。
但し、繁華街のコンビニはトイレを貸し出していない可能性があるので要注意です。

待機中にもトイレにいっておく

仕事前にトイレに行くのと同じです。
したいと思っていなくても時間に余裕があるならトイレに入ってみましょう。

携帯トイレを用意しておく

最終手段です。
できれば使いたくありませんが、漏らすよりましです。
但し、決してデリヘル嬢が乗っているタイミングは避けましょう。
携帯トイレ自体は腐るものでもないのでデリヘルドライバーの仕事以外にも渋滞時や災害時などにも使えるので車内に合ってもそれほど違和感はありません。

デリヘルドライバーの食事事情

排泄に関連する話の後は食事について(逆が良かったかな…?)。
腹が減っては戦はできぬ、とも言われるように現代社会の戦=仕事を乗り切るには栄養補給は必要不可欠。
しかし、気をつかわなくてはならないこともあります。

車から長時間離れない

トイレに比べて食事は時間がかかります。
飲食店で食事する場合はなるべく短時間で切り上げましょう。
行列の店に並ぶのは危険です。
急な送迎指示でお目当ての食事が出来なくなることも。
コンビニ等を利用するのが無難です。

小腹を満たす軽食を常備

通常の勤務中に空腹で全く動けない、なんてことにはならないでしょうが、空腹によって集中力が切れる可能性はあります。
運転中では命取りになりかねません。
スティック状の某バランス栄養食など保存が利く軽食を常備しておくと良いでしょう。
満腹になると眠気を催す場合もあるのであくまで軽く。

匂いの強いものを避ける

送迎中の車内は基本的に密室。
食事はあまり匂いの強いものは避けましょう。
仕事中の合間の食事もそうですし、仕事前の食事にも気をつけたいところ。
窓を開ければ解決するかもしれませんが、ヘアセットが乱れる場合があるのでデリヘル嬢から嫌がられます。
常に送迎対象であるデリ嬢のことを考えるクセをつけた方が良いでしょう。
あまり嫌われすぎるとそれを理由にクビになることもありえます。

また、車内にこもった匂いは換気で解消できるかもしれませんが、ドライバー自身から匂うことだってあります。
口臭を押さえるタブレット等を準備しておくのもお忘れなく。


デリヘル嬢の前で食事をしない

これはある意味「気遣い」の範疇のこと。
デリヘル嬢に限らず女性は常にダイエットを意識しているもの。
スリムな女性を求めるお客様も多いですし、仕事のストレスで過食しがちなデリヘル嬢は多いです。
そんな彼女たちの前でムシャムシャ食事するのは控えたいところ。
ドライバーの仕事もいろいろと忙しいので食事をするタイミングが取れない事も多いです。
しかし、こういったちょっとした気遣いができるかどうかでデリヘル嬢からの印象が大きく変わるものなのです。

生理現象も欲求もしっかりコントロール

デリヘルドライバーの仕事はそのほとんどを車内で過す特殊なもの。
トイレも食事もコントロールできるように事前準備が大切です。
全ては仕事をきっちりこなしてお金を稼ぐため、面倒がらずに対応を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする