男性ヌードモデルの仕事とは

アダルトか?芸術か?

ダビデ像

人によって線引きが異なるのが芸術作品におけるヌード。
当サイトでは一応アダルト要素があると判断してその仕事について取り上げさせてもらいます。
自分の肉体に自身のある方はぜひチャレンジしてみましょう。

仕事はどうやって探す?

ヌードモデルを派遣するプロダクションがいくつか存在しますが、そのほとんどは女性ヌードモデルのみを対象としています。
そのため、男性でヌードモデルをやりたい場合は自ら仕事を探さなくてはならないケースがほとんどです。

仕事を自分で探すと言ってもどこから手をつけたらいいのかわからないですよね。
そんな時は需要がありそうな場所を見つけましょう。
1つは美大
芸術家を志す学生のために人肌脱いで下さい。
もう1つは絵画教室
趣味からセミプロまで幅広い生徒があなたを待っているかも。
直接問い合わせてモデル需要がないか確認してみましょう。

仕事が入るまで気長に待てるならばネットを利用しましょう。
掲示板などを利用して仕事を募集、webの知識があるのならば、自分でHPを作成して仕事の依頼を待つのも良いでしょう。
参考:男のレンタルヌードモデル 勿論屋
その他は⇒ヌードモデルを募集しているアトリエ・絵画教室参照

容姿・ルックスは重要?

イケメンかどうか、という意味でのルックスはあまり求められません。
求められるのは体型・スタイルの方です。
美術作品として男性のヌードを描く場合、やはり男性的な筋肉の描写が重要視されます。
厳しいようですが、太っている人は難しいので諦めましょう。
筋肉質でなくても痩せている人ならば基本的に問題はありません。

意外と体力がいる仕事

当たり前ですが、モデルは描いてもらっている最中は動けません。
とは言え、最後まで動けないようなこともありません。
大よそ20分~30分間ポージングをして10分休憩という流れが基本。
これは想像以上にしんどい仕事です。
体勢維持が難しいポーズを要求されることもあるのである程度体力に自信がないと最後まで完走できません。

性的興奮している場合ではない

アダルトな仕事としてヌードモデルに興味を持った人には少々酷ですが、仕事をする上で一番気をつけるべきは性的興奮しないことです。
周囲には女性がたくさんいて(男性の参加者もいるでしょうが)、自分の股間も含んだ裸を見られている…
いかにもAV的な雰囲気で興奮しますが、現実はAVとは異なります。参加者がだんだん興奮してきていつの間にかセックス、みたいなことはありません(笑)

そんなおいしいシチュエーションを期待するのはやめましょう。
それどころか股間を大きくしているようなモデルはプロとしての意識が欠けていると判断されて敬遠されてしまいます。
狭い業界ですのであなたの名前はブラックリストに入る可能性が高いです。
自分に酔う、そんなナルシスト気質の人の方がうまくやっていけるでしょう。

ヌードモデルの給料はいくら?

給料は時給2000円から3000円ほど。
着衣があるともっと下がるようです。
個人で仕事を募集する場合、当然値段設定は自由です。
自分のスタイルのよさや、難しいポーズへの対応、他の人が嫌がる状況でも仕事ができる点などをPRできれば倍以上の値段で仕事を請けることも可能でしょう。
需要がそれほど多くないのでヌードモデルの仕事だけで安定した収入を得るのはちょっと難しいかもしれません。

ヌードモデルを募集しているアトリエ・絵画教室

モデルの需要がある絵画教室や施設を紹介します。
真面目に芸術に取り組んでいる方々なので冷やかし等は止めましょう。

甲秀樹「絵楽塾」
関東在住の男性を募集中。スリム体型の人のみ。
上半身だけのモデルも可能。薄謝あり。
公式HP:http://www.hidekikoh.com/kairakujyuku/index.html
Art-PoétiqueCroquis
毎週日曜日に開催。18歳~30歳まで。
都内、もしくは近県の男性。
着衣モデルやコスプレモデルも可、但しヌードモデルに比べて身長の制限が高い。
公式HP:http://delfis.blog95.fc2.com/blog-entry-212.html
クロッキーF
名古屋開催が主。モデルは全国から募集。
男性ヌードモデルは、女性ヌードモデルでの開催がある場合にその「前座」的な扱い。
50分間(3分ポーズを14回)。報酬はなし。
公式HP:http://www.ons.ne.jp/~taka1997/croquis-f/model.html
アトリエROJUE
京都のアトリエ
年齢・性別・経験不問。
HPのフォームから応募。謝礼はあるがそれ目的はNG。
公式HP:http://rojue.net/wanted_model

どうせなら女性の裸が見たい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする