デリヘルドライバーの仕事は知人バレしない?

できる事なら秘密にしておきたい…

女性と一緒のところを見つかった男性

送迎中、客先で友人・知人に会う可能性はどれくらい?
その対処法とは…

ドライバーの仕事内容でバレは変わる

ドライバーがどこまでの仕事を担当するのか
それが知人バレするか否かの重要な要素です。

ドライバーの仕事が運転だけであれば基本的に知人バレすることはないと言って良いでしょう。
送迎中も待機中も車内にいることがほとんどなので人目に付きません。
自家用車を使用している場合はナンバー等がバレの可能性ありますが、確立は低いです。
ドライバーの仕事としてバレるのではなく、女性を車に乗せていたこととしてバレる可能性は若干あります。

逆に、運転業務以外に料金の受け取りや送迎先の安全確認などデリヘル嬢より先に客と接触する役割を担っている場合はやや危険性が高まります。
つまり、知り合いが客だったというパターンです。
デリヘル嬢に比べればマシですが、気まずい雰囲気になるのはほぼ確実です。

バレたらどうする?

夜中に目撃された、というレベルのバレであればウソをついてごまかす手もあります。
「知り合いの女性を送って行った」と。
堂々と言い切れれば大丈夫。
頭の片隅に、この質問を想定しておけばいざと言うときに動揺せずに済みます。

知り合いが客として利用していた場合、立場上厳しいのはむしろ相手です。
なぜなら、普段からデリヘル愛好者であることをカミングアウトしているような人で無い限りデリヘル利用がバレるほうがダメージが大きいから。
特に妻帯者は致命的と言っても過言ではありません。
お互いに秘密を抱えているもの同士で沈黙を守りましょう。

バレないためには

求人応募の段階で、確認できるならば仕事の範囲(客先に行くかなど)を確認しておきましょう。
おそらく、ほとんどの店で送迎業務だけだと思われます。

古典的ですが帽子やめがねなどのアイテムを使うことで自分だとわかりにくくすることが出来ます。
手軽に予防・防御できるのでオススメ。
その他、服装なども普段の自分とは異なるものをドライバー用の制服代わりに着ておきましょう。

可能な範囲で自身の生活圏内とは異なるエリアで働きましょう。
知り合いに遭遇する危険性がかなり減りますので。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする