チャットボーイ(アダルト含む)の仕事とは

画面越しの楽しい会話で稼ぐ

チャットボーイ

チャットボーイの仕事は「会話」。
それは直接対面してではなく、PCやスマホの画面を通じて行われます。
昔は文字でのやり取りしかを出来ませんでしたが、今では動画・映像でのやり取りが主流になっています。
webカメラが安価に手に入ったり、スマホが一般的になったりとチャットボーイとして働きやすい・稼ぎやすい環境が整ってきています。

チャットボーイはいつ働く?

チャットボーイの仕事は会社勤めとは違って基本的に時間の縛りはありません。
自分の都合で決めてOKです。
そのため、副業などでチャットボーイをやっている人は多いです
昼間に時間の取れる学生サラリーマンが帰宅後深夜まで働くこともあります。
稼ぎたい人は長時間、お小遣い程度でもOKな人は合間を見つけて短時間、など働き方は人それぞれ。
利用者は夜間~深夜帯が多いので稼ぎたい人はそのタイミングは逃さないようにしましょう。
ちなみに、深夜の方がアダルト的要望の高いお客が多いです。

給料の相場はどれくらい?

おおよそ時給1,000円ほど。
しかし、これは目安でしかありません。
なぜならば、チャットボーイの給料はチャットした人数に大きく左右されるからです。

複数のユーザーと同時にチャットすれば同じ時間でも稼げる額は上がります。
逆にマンツーマンで特定のユーザーとチャットする場合は時間あたりの単価が高くなります。
どちらが最終的に稼げるかは状況によりけりですがライトなユーザーは前者で、ある程度親しくなったユーザーは後者で、など使い分けてどんどん稼ぎましょう

チャットボーイはホストやキャバ嬢のように人気商売な面があります。
そのため、リピーターを増やすことでどんどん時間当たりの給料を増やすことができます。
アダルトOKの場合はチャットの内容を過激にすることでより多くのユーザーを集めて、一気に大金を稼ぐことも出来ます。

ルックスは重要?

文字だけでチャットしていた時代であればルックスは全く関係ありませんでした。
しかし動画配信が主流になった現在では自分のルックスについて気になる人も多いでしょう。
当然イケメンの方が有利ではありますがチャットボーイが提供するサービスはあくまでトーク
話術の上手さこそが稼ぐための最重要ポイントです。
これは普通のホストと何ら変わりません。
楽しい会話を提供できればリピーターが増え、給料に還元されるでしょう。

話術に比べて重要度が劣るとは言え、ルックスを磨くことは稼げるチャンスを増やしてくれるでしょう。
顔色がよく見えるように軽くメイクしたり、自分が一番イケメンに見える角度を探したり、売上アップの努力をすることで他のチャットボーイと差をつけてユーザーを魅了しましょう。
継続的にお金を稼ぎたいなら地道な努力をやっておくべきでしょう。

どんなお客が利用する?

チャットボーイは基本的には女性向けのサービスです。
※なぜ「基本的」と言うかは後述参照。
メインターゲットは20代~40代の女性ですが20代女性は期待しないほうが良いです。
もっと年配の女性の利用を想定しておきましょう。
いざと言うときに心の準備が出来ます(笑)。

相手のルックスに関してもあまり期待しない方が良いです。
ネット上で、男性に料金を支払って会話をする女性…
一癖も二癖もありそうな雰囲気が漂っていますよね。
映像は相手に見られているので笑顔は忘れずに。

チャットボーイが「基本」女性向けサービスだと断ったのは、男性利用可能なチャットボーイがあるためです。
この場合、利用する男性はどういったタイプの人かは容易に想像できると思います。
アダルト的要求をしてくる確率が非常に高いです。
稼ぐためならそれもありですが自分の大切なものまで失わないようにしましょう…

チャットボーイのトラブル・危険度は?

特殊な仕事なだけにトラブルの可能性は若干あります。

知人バレ
1つ目は知人バレ。
チャットボーイ自体が一般的にあまりイメージの良い仕事とは言えません(現状は)
画面越しとは言え、顔をさらすので知り合いにバレる可能性があります。
直接バレる場合は、サービスを使っていたという負い目が相手にもあるのでお互いに口を閉じておけばOKですが、チャットボーイをやっていることをうっかり話してしまってバレた場合は引かれるのは覚悟しておきましょう。
また、悪質な運営者の場合、勝手にプロフィール写真を宣伝などに使用する場合があります(HP等)。
録画
2つ目は録画問題。
通常の会話のやり取りならば録画されても一応セーフですが(知人バレには繋がりますが)、アダルト系の対応をしていた場合の録画はダメージが大きいです。
運営側は基本的に録画を禁止事項として注意喚起していますが、最終的には相手のマナーの問題になってしまいます。
サイト側で防止策をいくらとってもPC画面を直接スマホなどで撮影されてしまうとお手上げです。
100%防ぐ方法はありません。

チャットボーイ、始めてみる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする