AV男優(ゲイ・ホモ)の仕事とは

男性好きもそうじゃない人も「いいよ、こいよ!」

AV男優(ゲイ・ホモ)

某掲示版などで人気の「野獣先輩」の存在もあっていまや広くその仕事が知れ渡ることとなったゲイ・ホモ系のAV男優。
※モザイクかけてもその存在感はすごい(笑)
以前に紹介したAV男優はあくまで相手が女性(女優)ですが、こちらは男性。
さらにディープな男性アダルトバイトといえるでしょう。

各メーカーの募集をチェック
アダルトビデオメーカー一覧(wiki)
※一般アダルトビデオメーカーも含みます。

男優への道

女性を相手にする通常のAV男優が汁男優などから徐々にステップアップするのに比べると、ゲイ向けのAV男優はスタートラインがやや早いです。
なぜなら、「受け」の立場での出演が出来るからです。
プロの男優にあの手この手で責められる役割。
新人が素の自分を出すだけでも一応成立します。
通常のAVで女優がズブの素人でも男優のリードで作品が成立するのと同じです。

ゲイ向けのAVへ出演するからと言って性的嗜好がゲイでなくてもOKです。
ノンケと言われるノーマルの男性でも受けとしては立派に成立します。
作品の主旨としてノンケの男性を無理やりと言ったものもあります。
但し、回数を重ねると見ているほうも新鮮味を失うので男優として続けていくならばどこかでシフトチェンジが必要でしょう。

ゲイ向けのAV男優であっても、経験をつむことで一般作品に出演できる可能性があります。
多少回り道になりますが、通常の男優の募集が見当たらない場合はゲイ向けの男優を経るのも1つの手です。

絡みの濃度は千差万別

ゲイ向けのAV作品の中でもプレイ内容・濃さは様々あります。
ボディタッチ、マッサージなどがメインで絡みが少ないものから、あんなものやこんなものを入れたり出したりするようなハードコアなものまで。
一概にはいえませんが、後者のハードな作品の方が給料は良くなります。
初心者がいきなりハード系は厳しいかも?と思うかもしれませんがこれも受けならば可能。
初々しい反応に画面の向こうの紳士(変態)は興奮するでしょう。
お金が稼げるとは言え、女優と同じで、自分の中でOK・NGのラインは決めておいたほうが良いです。

ある程度経験をつめば今度は貴方が攻める番です。
画面の向こうを意識しつつ演じきってください。

ゲイAV男優の給料は?

通常のAV男優に比べて内容のハードさで給料が変動することがあるのでやや女優寄りと言えるでしょう。
ソフトな絡みならそれほど期待できませんが、口でサービスしてあげる、お尻でサービスできればもう一人前、上手くいけば1日で10万稼ぐことも可能です。
求人情報などを見ると時給2,000円あたりが下限のようです。
撮影は結構時間かかりますので1日で2~3万くらいは稼げるでしょう。

あまく見てると落ちることも

とかく異性愛者は誤解しがちですが、ゲイの人たちにも好みがあり、男であれば誰でも良い、なんてことはありません。
ですから、ゲイ・ホモAVの視聴者・ユーザーにとって好みの男優、そうでない男優が当然いるわけです。
採用されて当然、楽勝、なんてノリで挑むと手厳しいしっぺ返しがまっているかも知れません。

メーカー側も商売ですからどうせ作るなら売れる作品を作りたいもの。
最近では野獣先輩の影響かこの仕事も広く知られるようになりました。
また、自分の性癖をオープンにする人も増えていて男優希望の男性が増えているようです
ライバルが増えれば採用率に影響してきますので真面目に臨んだほうが良いでしょう。

自分で出演するのはちょっと…という方は