デリヘル送迎に向いていない持ち込み車輌の特徴

車なら何でもOKと言うわけではない

アメ車

送迎ドライバーの必需品は車。
デリヘル嬢を乗せて目的地に着ければ何でもいいじゃない、と思うか知れませんが現実は異なります。
様々な理由でNG判定をもらってしまう車があります。

送迎車はドライバーが持ち込む

まずは基本情報を。
送迎に使う車はドライバーが用意する(持ち込む)ことが基本です。
9割以上の店舗でそうなっています。

大手のデリヘル店であれば資金が潤沢なので社用車を用意している場合もりますが、かなりレアなケースです。
応募が多いので採用のハードルは高いので、そういったお店で働ければラッキーと言うレベルです。

車はないけどデリヘルドライバーとして働きたいからと言ってレンタカーを利用するのはさすがに割に合わないので止めておきましょう(笑)

送迎車としてNGな車

送迎車に向いていない車の特徴を以下にまとめました。
ドライバー側の努力でどうにもならない場合もありますが、お店によって判断基準は若干異なります。
1店舗で断られたからと言って諦めずに別のお店にも応募してみましょう。

狭い車・小さい車

デリヘル嬢を送迎するための車ですからあまりにも狭い車はNG
後部座席がそもそも狭い、荷物がたくさんあるから狭い…。
採用後でもデリヘル嬢からクレームが寄せられるとクビになる可能性があります。
改善できるものは対応しておきましょう。

改造車

安全な送迎を妨げる要素がある車はNGになる事が多いです。
送迎車には安全と快適さが求められます。
なぜなら、乗せているデリヘル嬢はお店に多大な利益をもたらす存在。
危険・不快な思いはさせないのが鉄則ですから。

燃費の悪い車

どちらかといえば、働く側の利益を考えた場合にNGとなる車です。
ガソリン代の全額負担を行っているデリヘルはまだ少ないのが現状。
そのため、燃費の悪さによっては支給されるガソリン代では不足して給料が減ってしまう事態に。
※ガソリン代の全額負担を行っている店の場合、明らかに燃費の悪い送迎車だと店側の負担が増えるので採用を断られる場合もあります。

軽自動車※一部の店舗

高級デリヘルの場合、軽自動車がNGになる場合があるようです。
理由は高級店らしいもの。

1つ目は乗車環境の悪さ
高級店で働くデリヘル嬢はプライドが高いですから環境の悪い店にいつまでも固執しません。
送迎車が気に食わないことを理由に移籍されては店の損失はかなり大きくなってしまいます。

2つ目は店の格(威厳)のため。
先ほどのデリヘル嬢目線ではなく、客目線です。
高いお金払って呼んでいるデリヘル嬢が軽自動車で送迎されていることに不満を抱くお客がいるのです。
高級店を利用する層はお金持ち・有名人もいますので気にしすぎだと一笑するわけにもいきません。

エリアや店の状況で求められる車は少し異なる

都市部のデリヘルで送迎ドライバーを行う場合、送迎先のラブホテルや自宅が入り組んだ道・細い道にあることもしばしば。
送迎車はコンパクトな方が便利です。
ドライバーの人員が足りずに複数の女性を車内で待機させなくてはならない場合はワゴンなど広めの車の方が喜ばれます。
店舗によっては事務所には常駐せずにスタッフ・女の子が全員車のなかで待機して「うごくデリヘル」状態になることも(笑)
さすがにその場合には車の持ち込みはないでしょうからご安心を。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする