隠れてキャバクラで働く彼女を見破るポイント

彼女の変化を見逃さない

女性

キャバ嬢と付き合いたい男性は数多くいます(そのために散財することも…)。
しかし、自分の彼女がキャバクラで働くことを喜ぶ男性は少ないでしょう。
彼女の動向があやしい。
そんなときはストレートに聞くのが手っ取り早いですが、勘違いだった場合に彼女に与えるダメージは大きい。
まずは外堀を埋めるが如く、彼女の変化を観察しましょう。
キャバ嬢には彼女たちならではの特徴があります。
以下に紹介する内容に合致するものがないかチェックしましょう。

タバコ臭い

飲食店での禁煙や分煙が進んでいる昨今ですが、キャバクラはまだまだ吸いたい放題。
働くキャバ嬢にもたっぷりとタバコの匂いが染み付きます。
ドレスを脱いでも髪に付着しています。
それとは別に、ストレスからタバコを吸い始める女性もいます。

金遣いが荒くなっていた

入ってくるお金が多くなれば出て行くお金も多くなります。
どれだけ真っ当な理由で始めたとしても人間とは弱い生き物。
大金を手にすればほとんどの人は変わってしまいます。
欲しかったものを我慢しなくていい、これだけ稼いでいるのだからちょっとくらい贅沢してもいい…
自分に都合の良い理由を付け加えて散財してしまうのです。
通常のバイトでは賄えないような買い物(高級ブランドなど)をし始めたら疑うのも無理はありません。

酒の席で職業病が出る

無意識でもついつい出てしまうのが職業病。
キャバ嬢にもいくつかあります。
・テーブルやグラスの水滴が気になって拭く。
・水割りを手際よく作る。
・空いたグラス、吸殻が溜まった灰皿が気になる。
・おしぼりを三角にたたむ。

など。
全般的に酒の席での気遣いが上手になります。

自分のことを源氏名で呼んでいた

普段から自分のことを名前で呼ぶタイプの女性が間違えやすいのがついつい源氏名で自分を呼んでしまうこと。
キャバクラで働いている間は本名バレがまずいので気を張っていますが、普段は逆に気が緩みがち。
その他、源氏名がある程度一般的な名前の場合、自分が呼ばれたわけでもないのに反応してしまうことでバレることも。

酒にやたら詳しくなった

オシャレなカクテルについて詳しくなった、とかそういうことではありません。
今まで飲まなかったであろう高級なウィスキーやブランデー、シャンパンなどの知識です。
また、キャバクラではおなじみのドンペリ
この種類(ブラック・ゴールド・ピンクなど)ごとの値段の違いが判るようだとかなり怪しいです。

業界用語が出てきた

かなり高確率でキャバクラで働いている可能性があります。
冷たいおしぼりをツメシボ
ミネラルウォーターをミネ
小さいグラスをレディース(グラス)
など。
その他、飲食店で店員を呼ぶ際にすみませんではなくお願いししますと言ったらほぼ間違いないでしょう。

21時以降に連絡がとりにくくなった

キャバクラが忙しくなる時間帯、それが21時前後。
接客中は基本的に連絡が取れません。
ある程度指名客を持っているキャバ嬢ならば同伴・アフターがあるので連絡がとりにくい時間は伸びます。
夜間の連絡と言う点だけでは居酒屋などのバイトでも起こりうるのでこれだけで断定するのは危険です。

金曜・土曜の夜に連絡がとりにくくなった

キャバクラが忙しいのはやはり週末。
特に金曜・土曜の夜は出勤率が高め。
よほどの理由がない限りは稼ぎ時でもあるので積極的に出勤するキャバ嬢が多いです。
そのため、急に金曜・土曜に予定を組めなくなった彼女がいたら要注意。
※日曜日のキャバクラはあまり混みません。

普段のメイクが派手・濃くなっている

キャバ嬢も含めて水商売の女性はメイクが濃いです。
それは独特の華やかさや非日常感を演出するのに役立っています。
また、暗い店内でも映える様にとの工夫でもあるのです。

キャバクラで働くことでメイクが濃くなるのには2つ理由があります。
1つはキャバ嬢メイクに慣れてしまって普段のメイクが少しずつ濃くなってしまったから。
もう1つは、メイクを濃くしなくてはならないほど肌が荒れてしまったからです。
後者に関しては夜遅くの勤務&飲酒&接客ストレス等が原因であることが多いです。

顔・足がむくんでいる

キャバ嬢の職業病とも呼べるのがむくみ
飲酒によって顔がむくんでしまうのです。
朝方や午前中に会ったときに顔がむくんでいることが多くなってきたら要注意。

顔以外だと脚にもむくみが出来ます。
キャバ嬢はヒールが基本。
普段から履きなれている女性でもむくみは出てしまいます。
キャバ嬢以外でもガールズバーはヒールこそ必須ではないですが、立ちっぱなしなのでこちらもむくみがサインになりますね。

まとめ

以上、キャバ嬢を見破る特徴を10個紹介しました。
気をつけたいのは、1つ当てはまるだけで黒と決め付けないこと。
少なくとも2~3個当てはまった状態でその他にも状況証拠などは集めたいものです。
どんな仕事でも働くには理由が存在します。
まずはそれをじっくりと話し合いましょう。

キャバ嬢の特徴を知るのも、
キャバ嬢と付き合うチャンスを得るのも、
やっぱりボーイが一番の近道!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする