キャバクラボーイの仕事とは

女性だらけの店内で影となって働く

キャバクラのボーイの仕事

繁華街の煌くネオンの行く先は、さらに輝くキャバ嬢の巣窟…
女だらけの園で彼女たちをサポートするのがボーイの仕事。
華やかな世界の裏側でアダルトな仕事を始めますか?

給仕はボーイのメイン業務

給仕とは、雑用や飲食の接待をすることです。
キャバクラのボーイは来店したお客を店内に案内し、注文や指名を確認します。
キャバ嬢をテーブルに送り出し、注文のあったお酒やフルーツ盛りなどをテーブルに運びます。
これらの仕事は一般の飲食店とそれほど変わりません
基本的に未経験でも問題なく始めることが出来ます。
但し、仕事中は当然立ちっぱなしなので案外体力勝負の仕事ですので少し注意が必要です。

時にはパシリとなることも

悲しい話ですが、ボーイの店内における地位は最底辺と言っても過言ではありません。
雑用の他、キャバ嬢からちょっとした買出しを頼まれる(命令される)事もあります。
場合によっては、お客からパシられることも…
それは俺の仕事の範疇じゃないから」という理屈は基本通用しません。
素直に従っておくほうが身のためです。
※キャバ嬢は待機中でも外出はほとんど出来ないので代わりに買い出しをするのは仕方ないです。

どのキャバ嬢が相性がいい?つけ回しで店の売上は左右する

ボーイの中にも序列があり、マネージャーなど役職がつくようになると仕事の中身も変わってきます。
大きく変わるのは「つけ回し」を任されること。
簡単に言えば、お客にどのキャバ嬢を接客させるか指示する役割です。
初めて来店したお客、2度目だがまだ指名嬢を決めていないお客、以前指名していた子が辞めてしまった常連のお客、などお客の状況は様々。
その日に出勤しているキャバ嬢の中で誰が一番適任なのか判断するのです。
短期的な売上の他、リピーターの獲得と言う長期的な売上アップにも関わってくる重要な仕事です。

お客の情報は過去の利用履歴を参考にしつつ現場でも情報収集を行います。
在籍のキャバ嬢の能力・接客スタイル、どういったお客と相性が良いのか、などの情報は日々の仕事を観察したり、コミュニケーションをとることで把握しておくといざと言うときに役に立ちます。

色仕掛けしてくるキャバ嬢に惑わされるな

下っ端のボーイはキャバ嬢から見下されることの方が多いのでアダルトな良い思いは期待できません。
但し、上記のつけ回しなどを担当するレベルに昇進するとキャバ嬢の対応がやや変わってきます。
なぜなら、つけ回しはキャバ嬢の収入に少なからず影響するからです。

いつもフリー(指名なし)で安い酒ばかり注文するテーブルにつくよりも、金払いの良いテーブルについたほうが同じ労働時間でも給料は段違い。
その采配を握るのが男性スタッフですから見下すような態度は影を潜め、親しみのある対応が増えてきます。
ちょっとした気遣い・プレゼント、コミュニケーション頻度の増加。
これ見よがしの色仕掛けをしてくるキャバ嬢もいます。
ここで勘違いするのは禁物。
前述のように、キャバ嬢は自らの収入アップのために利用したいだけなのです。
結局は金なのです。

それまで虫けらのように扱われている過去があるのでついその誘いに乗ってしまいたくなりますよね。
しかし、心を鬼にしてビジネス上の関係を保ちましょう。
ボーイの使命は店の売上アップ。
それが自身の給料アップに繋がるのです。
一時的な感情を優先してミスマッチなキャバ嬢をテーブルにつけるのは悪手。
また、ボーイとキャバ嬢の恋愛は基本NGでばれたらクビになる可能性が高いです。
ボーイとキャバ嬢の恋愛は業界用語で色恋(いろこい)と呼ばれます。

例外的に認められる?ボーイとキャバ嬢の恋愛

ボーイとキャバ嬢の恋愛がNGなのは仕事に支障が出る、相手のキャバ嬢を贔屓する、といった店舗にとってマイナスな要因があるためです。
その他、客にバレた場合のイメージダウン、客離れも深刻です(噂レベルでも影響はある)
詳しくは別記事
ボーイとキャバ嬢の恋愛(風紀)について考えてみる
を参考に

悪いことずくめの店内恋愛ですが、例外的に認められるケースがあります。
それは、その恋愛がキャバ嬢の退店を止める、または仕事のモチベーションアップに繋がる場合。
キャバクラで働く女性たちは多くのストレスを抱えています。
そのはけ口として、または救済を求めて恋愛に頼りたくなることがあるのです。
一番身近な存在であるボーイがその相手となり、役割を果たすことで精神を安定させて明日も元気に働いてもらうのです。
これは、キャバ嬢の管理方法の1つで色恋管理と呼ばれます。
あくまで管理するために許されただけなので本気で恋愛関係になるのはやはりNG。

キャバクラのボーイの仕事に興味が沸いたなら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする