AV女優のマネージャーの仕事とは

AV女優が売れるかどうかはマネージャー次第?

女優

男性ならば一度はお世話になっているAV女優。
彼女たちのお世話をするのがマネージャー。
とにかくアダルトな雰囲気満載のAV女優マネージャーの仕事についてまとめました。

そもそもマネージャーの仕事とは

マネージャーとはマネージメントする人のこと。
マネージメントとは対象の物や人を最善の方法で活用し運用することです。
AV女優のマネージャーで言えば、彼女たちの仕事を管理してどんどん稼がせることが最大の使命です。

AV女優は基本的にプロダクションに所属します。
彼女たちをサポートするマネージャーは同じプロダクションの社員が担当することが基本です。

具体的な仕事内容を解説していきましょう。

制作会社への売り込み(営業)
新たにデビューする新人AV女優は年間で2000人とも3000人とも言われています。
さらに、それと同等かそれ以上の現役AV嬢がいます。
制作会社には撮影数に限界があるので誰でも望めばAVに出演できるわけではありません。
自らが担当するAV嬢を売り込んで撮影の権利を獲得する必要があります。
女優の良いところ、アピールポイントを整理して営業活動を行うのです。
AVプロダクションも1つではありませんので同業他社との戦いもあります。
人気の制作会社に撮影を依頼できれば人気女優にステップアップするチャンスになりますが、そこはさらに狭き門。
マネージャーとしてのより一層のがんばりが求められます。
女優のスケジュール管理
芸能プロダクションのマネージャーと基本的には同じです。
仕事(撮影)がいつ、どこで、どんな内容が行われるのかを伝えて準備をさせます。
AV女優の仕事は撮影だけとは限りません。
最近では販売促進のイベントやテレビ出演、アダルト系のライブチャットへ出演など多岐に渡ります。
売れっ子になればなるほどスケジュールの管理は大変かつ重要になってきます。
風俗嬢と同様に時間に対してルーズな子、突然音信不通になる子がいますのでマメな連絡を心掛けましょう。
撮影現場への付き添いや身の回りの世話
マネージャーは基本的に撮影現場に付き添います。
例外は女優がベテランの場合。
彼女たちはプロですから任せておいてもしっかり仕事をこなしてくれます。
現場ですることは、身の回りの世話、雑用、ちょっとした買出し、女優と制作会社の間に入って各種連絡・確認をする、など。
わがままを言う女優は多いですが、機嫌を損ねないよう立ち回りましょう。
現場でトラブルを起こして撮影できなくなった場合の損失はかなり大きいです。
撮影後には自宅までの送迎も行います。
女優の演技指導や精神的フォロー
AV「女優」とは言っても演技の勉強をしてきたわけではないので当然下手です。
セックスシーンに関しても、人に披露することを考えてこれまでセックスしてきた子は少ないでしょう。
作品のクオリティを上げて売上を伸ばし、出演作品をどんどん増やすためには演技指導が必要になってきます。
指導自体は現場で監督からも行われますが、撮影時間には限りがあるのでみっちりとは行えません。
とりあえず及第点のセックスシーンが取れれば完了、となることも多いです。
女優もマネージャーも、もっと稼ぎたいなら撮影を終えたことだけで満足していてはだめ。
そんな状態では次回作の撮影が危ぶまれます。
男性の立場から、どうやったら男が興奮するのか、しぐさや目線、言葉など少しずつ教えていきます。
精神的フォローはマネージャーとして一番の腕の見せ所でしょう。
とにかく精神的に病むことが多いハードな仕事なので辞めたがる子が多いです。
※前述の2000人を超える新人女優の1割でも翌年残れば良いほうです。
無理やり撮影に望ませるのはNGですので、悩みや不安をしっかりと話を聞いてお互いが納得いく答えを探しましょう。
普段からコミュニケーションをとって円滑な関係を築いていないと難しいです。
細かい気配りは当然のことながら、時にはプレゼントなども必要になってきます。
面倒だと思うかもしれませんが、プライベートの相談にも乗ってあげましょう。
【PR】AV女優プロデュースの風俗店でスタッフ募集!?※大阪
「奥様と秘密の関係」求人詳細

マネージャーは男性だけ?

AV女優のマネージャーには男性でも女性でもなれます。
しかし、やり取りを行う制作会社や撮影現場はまだまだ男社会。
早朝から深夜まで働くこともあるので体力的にも精神的にもなかなかしんどい仕事なので女性にはハードすぎます。
男性マネージャーの方が圧倒的に多いのが現状です。

給料体系が気になる

働く上で気になるのが給料体系
前述のように、マネージャーはプロダクションに所属する社員なので基本給があります。
相場は大よそ20万~25万ほどです。

基本給以外に貰える給料として担当女優の売上に対する歩合給があります。
正直に言って、こちらの方が重要だったりします。
売れっ子女優になると月に1000万ほども稼ぐ人がいます。
歩合のパーセンテージは各プロダクションや女優ごとに異なるので一概にはいえませんが、基本給と同等かそれ以上が貰えることも。
担当する女優が多ければ収入が増えますので前述の精神的ケアや新人の育成で数を確保することが重要になってきます。

マネージャーのタブー

どんな業界にもルールがあり、それを破るのはタブーです。
AV業界で働くマネージャーにとってのタブーについてまとめました。

女優との恋愛関係はNG
別記事に書いたキャバ嬢とボーイの関係に近いですね。
ボーイとキャバ嬢の恋愛(風紀)について考えてみる
プロダクションにとってAV女優は利益を生む大切な存在。
一番近くにいるマネージャーが手を出すのは当然NG。
その恋愛関係が仕事に打ち込むモチベーションアップに繋がるなら容認の可能性もありますが、実際そんなことはほとんどありません。
AV女優は彼氏以外の男性とセックスすることに抵抗を覚えますし、彼氏側もそんなことさせたくないので営業活動の足が鈍ります。
プロダクション側してみれば良いことは全くありません。
発覚次第どちらかがクビになる可能性が大です。
女優が裸になる場にはいられない
例外はありますが、基本的にマネージャーは女優が裸になる場には同席しません。
パッケージ写真の撮影、本番撮影中など。
現場には付き添いますが、撮影が始まれば別室で待機です。
もっともアダルトな現場に入れないのはジレンマを感じるかもしれませんが、女優とマネージャーの関係性を崩さないためです。
熟練のマネージャーともなれば担当女優の裸を見ても股間はピクリともしませんが、まだ日の浅いマネージャーには色々と刺激が強すぎます。
放っておいては上記のように恋愛感情や性的感情が起こらないとも限りません。

マネージャー求人情報

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする