デリヘルドライバーの車に積んである仕事道具

送迎車の中に準備しておくモノ

ダンボールを開封する男性

送迎車の中はさしずめ「ミニデリヘル」
必要不可欠なものだったり、お客の突然の要望に応えるものが入ってます。
基本的にお店が用意しているのでドライバー個人が用意する必要はありません。
あくまで積み込んで置くものです。

ローション、イソジンなど

摩擦を減らし、感度も上げてくれるローション。
デリヘル嬢たちの身体の負担を軽減してくれます。

口・喉を洗浄するイソジン。
性病の感染防止で使用します。
※実際の効果はやや懐疑的

お客さんの体を洗うボディーソープ。
殺菌力の高い石鹸グリンス。
洗体プレイで使用する場合もありますし、不潔なお客さんのためでもあります。
グリンスは特に股間周りがやばそうなお客さんに使います。
性病感染者の場合はグリンスで洗うと痛みを感じるとか。

上記のアイテムは風俗サービスに欠かせないものです。
管理の仕方は店舗によってまちまちで、デリヘル嬢が個別で持つこともあります。
その場合でも、忙しいデリヘル嬢のために補充用としてドライバーが車の中に用意しておくことがあります。

大人のおもちゃ、衣装など

基本サービスで使用する場合の他、いわゆる「オプション(追加サービス)」で使うものもあります。
オプションの利用は事前に分かる場合もありますが(お客が最初の連絡時に伝えてある)、女の子が到着してから、もしくはプレイが開始されてから要望するケースもあります。
いちいち事務所に戻っていられないので車の中にある程度用意しておくのです。

下着・ストッキングなど

こちらもオプションに関するもの。
特定の性癖を持った男性のためにデリヘルでは嬢が履いていた下着をプレゼントしたり、パンストを破らせたりするオプションが存在します。
これら消耗品はサービスが終われば嬢の手元からはなくなりますので準備しておくのです。
※当然と言えば当然ですが、下着のプレゼントの大半はデリヘル嬢のプライベートな下着ではなく、最初から店側が用意したものです。

返却忘れに注意

デリヘルドライバーは仕事とは言え、過激なアイテムを様々車内に乗せて働きます。
仕事が終われば返却するのですが、毎回ちゃんと車内をチェックしておきましょう。
普段使いの車をそのまま送迎車として使っているドライバーが多いので「忘れ物」が家族・配偶者・知人にバレると大変です。
どのアイテムも普通はあまり車内においておかないものばかりですからね…(笑)

デリヘルのスタッフ求人は高収入求人サイトで

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする